飲食店を開業するなら専門のコンサル会社に相談しよう

男性と女性
  1. ホーム
  2. 開業するときの基礎知識

開業するときの基礎知識

お店

出店する場所選びが大切

飲食店や販売店などの店舗開業を行うときには、まず店舗を出す場所を決めることから始めます。個人で経営する店舗は立地の良し悪しによって、売上が大きく変わってくるため、開業する業種に適した場所の店舗を選びます。将来的に地域の人口が増える場所で店舗開業する事によって、安定した経営をする事ができます。出来れば専門の業者に依頼して商圏調査を行ってから、店舗開業をすることが望ましいです。商圏調査を行うことによって地域のマーケティングリサーチを行う事ができるため、店舗開業するときに役立ちます。出店する場所が決まったら店舗の設計や施工を行い、販売する商品やサービスに合わせたレイアウトの店舗にします。また店舗開業するときには、販売する商品やサービスの種類や価格帯を決め、在庫管理の仕組みを作ります。店舗を開業するときには、採算にあう売上の金額を把握しておく必要があるため、損益計画書を作成して事業計画を立てます。店舗の事業計画は5年ほど先まで考えて立てることがポイントで、必要になる経費を書き出して、どれほどの利益を出せるのか調べます。店舗開業するに当たって届出をする必要がある場合には、自治体から開業するときの許可をもらったり、開業届けの手続きを行います。最近は店舗開業するときのサポートを専門に行っている会社があるため、そういった会社を利用することで、開業した経験がない人でもスムーズに店舗開業をする事ができます。